8月20日


チェックアウトぎりぎりの10時まで粘ってホテルを後に。

出航が12時半なのでそれまで本屋へ寄ったりしながら、

時間を潰す。

朝飯をパンで済ませ、フェリー乗り場へ。

しばらくぼんやり待合室で居ると後ろから声をかけられる。

田舎浜のキャンプ場で仲良くなり、山でもあった彼と、

キャンプ場のおばさんだった。

なんたる偶然。

キャンプ場のおばさんにラーメンをおごってもらい、昼飯に。

最後、3人で記念撮影を撮ろうという話になってパシャリ。

真ん中のゴリラが俺。

その後フェリーに乗り、屋久島にサヨウナラをする。

遠ざかっていく屋久島を見ていると涙が。

本当に良い島だった。

またいつか行こう。

それが1年後になるか、10年後になるか、

そのときも1人なのか、誰かと一緒なのか、

それは分からない。

それでも絶対、いつかまたここに戻ってこよう。

さらば屋久島よ。

 

さて、鹿児島港に着いたのは4時半頃。

前に泊まったネットカフェで泊まりつつ、

和歌山への帰路を検索しようと計画する。

が・・・

ここで何がどうなったのか、盛大に道に迷う事に。

都会の道は方向感覚狂いやすいです。

1時間ほどしてようやくネットカフェに付いたものの、

深夜パックの時間まではまだ少し早い。

近くのジョイフルへ行って時間を潰そうという事に。

真夏のハンバーグセットも良いが、少し食い飽きた気もするので、

オジヤを注文。

ドリンクバーで時間を潰す。

9時ごろまで時間を潰した後にネットカフェへ。

自転車の後輪が少しパンク気味な気もするが騙し騙し乗る。

 

ネットカフェで帰路を検索するつもりが、

良く行くお絵かきチャットの人たちと話し込んでしまい、

中々すすまない。

午前2時ごろまで話し込んだ後、ちょっと本腰入れて探すか・・・

と、帰り道計画を立てようとするが、とんでもない事実が発覚。

青春18切符の残り1日分を使って博多の近くまで行き、

そこから出てる5000円くらいのフェリーで帰ってくる計画だったのだが、

新幹線が通ってから鈍行が少なくなり、

18切符じゃ帰ってこれない事に。

 

これはまずい・・・

現在地の周辺に近い港から出るフェリーは皆10000円ほどする。

残金は10000円を切っている状態。

 

ちょっwww帰ってこれないっすよ!?!?

どうしよう・・・

 

本気であせってひたすら帰路を探すが・・・

見つからない。

財布からVISAカードが出てくるものの、使い方が分からず、

しかも少し怖いので使えない。

さぁどうしよう。

 

最悪博多までまた自転車か?

いやいや、もうそんな気力も体力も残っていない。

なにより金が無い。

やばすぎる。どうしよう。

どうしようもないので何も考えず寝る事に。

18切符でいけるところまで行き、そこから自転車か・・・

最悪どこかで日雇いバイトだな。

モヤモヤ考えつつ夢の中へ・・・

 


戻る          次の日へ


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO